(1)人の1日の動きが分かります
 パーソントリップ調査では、どのような人が、どんな目的で、どこからどこまで、どのような交通手段でどのくらいの時間をかけて移動したかが分かります。これらのデータは、同じような人(居住地、性別、年齢、等)を代表するデータとなり、東駿河湾都市圏全域の人の動きを推定することができます。

(2)交通の問題点が明らかになります。
 パーソントリップ調査で得られたデータを活用し、現在の交通状況の整理や、将来の交通状況の予測をすることにより東駿河湾都市圏の交通の現在の問題点や将来の課題が明らかになります。

(3)将来の交通計画の策定に役立ちます。
  現在の問題点や将来の課題を改善するために、鉄道、バス、自動車、自転車、徒歩といったあらゆる交通手段の活用を前提とした、東駿河湾都市圏における総合的な交通計画の策定に役立ちます。

■調査結果の活用例

  • 調査結果は、交通計画のほかに、環境対策や防災計画など、さまざまな分野で活用され、今後の安全・安心なまちづくりに欠かせない貴重な情報となります。
調査結果の活用例